スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アームカバー
暑い・・ 暑い・・・ 暑~い!!




何度いっても仕方ないけど・・・ 

この暑さ 嫌になりますね 




ゴーヤと風船かずらの カーテンでは 追いつかないので・・

玄関の外に 日よけの布を張りました



ちょっと派手だったかな???

2011073109490000.jpg

これだけで ずいぶん違います







それと オーガニックコットンの アームカバーが出来ました

2011073109450000.jpg


紫外線を96パーセントカットしてくれます




ゆったりしているので・・

腕の太さに自信のある方でも 大丈夫です 




オーガニックコットンについては 追々紹介していきます




糸島わたのはなのオーガニックコットンは 奥が深いですよ 






スポンサーサイト
グリーンのカーテン

お店の窓の外に グリーンのカーテンを製作中です 

2011070212110000.jpg


以前 この写真を掲載しました・・・

窓の外に よく見たら 鉄の格子が見えますか???


ここに ゴーヤ と 風船かずら を植えています 




ようやく ゴーヤが 育ってきました

2011072209200000.jpg

2011072209190000.jpg

まだ 食べれる大きさでは ないのですが・・・

初めて ここまで 育ちました



1株しか 植えてなかったので 残念です・・・

来年は もう少し 株をふやしてみようと思います


肝心の風船かずらは ゴーヤの勢いに負けています





行って来ました 母屋さん
行って来ました 

母屋さんの 1DAYショップ 



古い家ですよ ~ と言われていましたが・・・

想像していた古い家とは まったく違っていて



入り口から テンション上がってしまいました 

うっかり 写真撮るの忘れたのが 残念です・・・



実は 古民家ギャラリー 的なものを 想像していたのですが



可愛い長屋でした 

こんな 古くて可愛い長屋 初めて入りました 


つい 台所までのぞいてみました

後で聞いて トイレもタイルで可愛かったとか・・・見るの忘れて残念






肝心の母屋さんのお店ですが・・

オーナーの宮本さんと 金子さんの人柄がにじみ出ている 素敵な空間でした 



作家さんたちも 楽しそうに参加されて 大盛況でした 





今回は 土曜日の一日だけでしたが・・・・・

きっと また 開催されると思います 


そのときは また お知らせしますので・・・

可愛い長屋のお店・・ 見に行ってくださいね 





帰りがけに みつけた 玄関の可愛いレトロな椅子 


私が あまりにも 可愛い

と 言うので・・・




あげるよ


2011072411400000.jpg

・・・・ってな訳で あつかましくも いただいてしまいました


母屋さん ありがとうございます

思い出が いっぱいの 大切な椅子だったんだと思います




風船かずらで 大切に使わせてもらいます 







母屋さんに紹介された 面白いリサイクルショップに 寄りました


2011072411410000.jpg

おじさんに 『 これいくらですか ??』

・・って聞いたら 

あげるよ



また もらっちゃいました 

何なのか よくわからないけど・・・私がすきなタイプの素材で・・・


どんなに使おうか わくわくします 




もうひとつ すてきな 物を見つけて・・・値段聞いたら

あげるよ





・・・・でも 車が小さくて どんなに頑張っても 入りませんでした 

近いうちに 実家の車を借りて もらってきます  



大きくて 家の中には置けないので・・

たぶん 玄関周りか 庭に 置いているはずです 




あ~~ 軽トラが欲しい 









歸國
報告 遅くなりましたが・・・見てきました 歸國 !!





8月15日 終戦記念日の深夜。

静まり返った東京駅の ホームに 、ダイヤには 記されていない 一台の軍用列車が 到着した。

そこに乗っていたのは、六十余年前のあの戦争中、南の海で玉砕し、そのまま海に沈んだ英霊達。

彼らの目的は、平和になった故国を目撃すること。

そして、かの海にまだ漂う数多くの水漬く魂にその現状を伝えること。

永年夢見た帰国の時、故国の為に死んだ彼らは、今の日本に何をみたか・・・・・・。



2011072223000000.jpg



戦後生まれの私にとっては 戦争は  映画や、テレビや、本や・・・

色々な方法で 伝えられ・・・

そのたびに 思いは色々でしたが・・・

実際のところ・・・遠い過去の出来事でした







今回 ちょっと 引きずっています





『 東京という所は 不思議な街であります。
  人口1300万人。
  日本人の凡そ一割がこの街に集まって住み
  数十年続く平和と文明を何の疑いもなく享受しています。』


『 あの月の下で 俺たちの子孫は、幸せな眠りを眠っているだろうか。
  家族の寝息がきこえるだろうか。』


『みっちゃん! 君と話したい!
 手紙ででも良い! 君と言葉を交わしたい!
 だが僕は今、戦友たちの最後の手紙の本心を墨でぬりつぶしている!
 人の心を検閲している! いったい何の権利があって!?』


『日本はたしかに豊かになったけど
 日本人はどんどん貧しくなっている気がする。』


『俺たちのあの頃の純粋な気持ち。
 行きたくない殺戦の場に、国の命令で狩り出され
 どうしたら 敵を殺せるか 
 初めて逢う敵をどうやったら憎めるか
 どうしたら死ねるか毎日悩んだ。
 あの頃の純粋な俺たちの気持ちを
 今の生徒達に 頼むから伝えてくれ!』


『俺があの海で、最後に夢想し
 その後の歳月もずっと 夢見てきた
 日本の平和の姿っていうのは
 こういう残酷なものだったのかい』


『俺たちはいまのような 空しい日本を作る為に
 あの戦いで死んだつもりはない!』


『ヒンコウという言葉をしっているか
 貧しく、幸せという二文字を重ねる
 貧しくて困る貧困は避けたいが
 貧しくとも幸せな生き方は出来る
 俺たちの暮らしは元々そうだった』


『人は二度死ぬという言葉があるそうだ。
 一度目は、肉体的に死んだとき。
 そして二度目は完全に忘れ去られたとき。』





レトロなガラスケース

風船かずらに レトロなガラスケースが届きました


2011071509200000.jpg


2011071509210000.jpg


欲しかったけど・・・・・高くて 手が出なかったのですが





こうちゃん ひろみさん夫妻が くれたんです 


今にも雨が降りそうな 悪天候の中 

遠いところ 運んでくださいました




もう感謝 感謝 感謝 感謝・・・・・・・

何度言っても 言い切れないほどの 感謝の気持ちでいっぱいです 




いまさらですが・・・ この ガラスケースが来たおかげで お店らしくなりました 



こうちゃん ひろみさん  本当に本当にありがとうございます 





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。